東京下町めぐりでのんびり散歩

東京下町の代表格といえば浅草

東京スカイツリーの開業以来、東京の下町が活気を取り戻しています。新幹線を降りるとそのまま先ずは浅草に直行しました。浅草寺前はいつもたくさんの観光客で賑やかです。ランチには行列でも有名な大黒屋の天丼をいただきました。江戸前らしくごま油でカラッと揚げた大ぶりのエビと黒っぽいどんつゆが香ばしさをさらに際立たせてたまりません。おやつには浅草名物の揚げ饅頭を。浅草からもスカイツリーは見えますが、中でもアサヒビール本社ビルとのコラボが見られる我妻橋が写真ポイントです。浅草からはキッチングッズで溢れる合羽橋散策へと行きました。

若い人にも人気の谷根千

谷中、根津、千駄木を総称して谷根千と言いますが、最近では老舗だけでなくおしゃれなカフェやこだわりの洋服店などお店が増えてきて、若い人にも人気のデートスポットと聞きました。この辺りは細い道がくねくねと入り乱れ、お店からお店へも迷いながら行ったりと、まるで宝探しのような楽しい気分になりました。歩き疲れると、たい焼きや小倉アイスなど美味しいスィーツが待っています。雑誌でチェックした手作りの帽子屋さんへ伺い、素敵な店主さんたちとおしゃべりしながら世界に一つだけの帽子をオーダーしました。今から出来上がりが楽しみです。

ここで亀岡行きのタビマスターズを探して旅に出てみよう。